大鹿村中央構造線博物館



日本最大級の断層«中央構造線»を学べる博物館

大鹿村中央構造線博物館は、長野県と静岡県の県境、南アルプスの主峰赤石岳の山麓にあります。関東から九州へ日本列島を縦断する大断層「中央構造線」のほぼ真上に建っています。中央構造線と大鹿村の岩石標本の展示を中心にした、村営の博物館です。


最新交通情報

県道59号松川インター大鹿線(通称:小渋線)通行できます。平日はダンプカーの通行が多い状態です。安全運転でお越しください。

県道22号松川大鹿線(通称:岩洞)も通行できます。狭い峠道ですので、安全運転でお越しください。

国道152号線分杭峠の冬季閉鎖が解除されました。北川露頭に行くことができます。北川露頭から先、高遠方面に抜けられます。さらに先の茅野市・諏訪IC方面に抜けられますが、5/3, 5/4は諏訪大社上社御柱のため通行止となります。

国道152号線地蔵峠の冬季閉鎖が解除されました。しかし、安康露頭から先の区間は、道路損壊のため、通行止めのままです。安康露頭までは行くことができますが、国道152号線通行止めの日時がありますので、ご注意ください(迂回路有)。安康露頭から先、地蔵峠、上村、南信濃村方面には抜けられません。

↓国道152号線道路情報図:クリックして拡大できます。

村内の通行止め情報は、大鹿村役場の道路情報ページをご覧ください。



開館日カレンダー

2021年4月より、河本顧問による有料の解説・ガイドサービスを始めました。
ご希望の方は事前にお問合せください。

休館日:火曜日、年末年始(12/28~1/3)

ただし4月~11月の祝祭日は火曜日でも開館します。
大きなカレンダーで表示