大鹿村中央構造線博物館



鹿塩温泉の水と塩はどこから来たのか?

『鹿塩温泉の水と塩はどこから来たのか?』
風早康平さん講演記録
2013年6月1日
A4、58ページ、700円

-目次-
自己紹介
温泉の成因
温泉の成分
有馬型温泉水
温泉の色
有馬型温泉水の特徴
有馬型温泉水はどこから来たのか?
マグマ水の起源
有馬型温泉水は沈み込んだ海洋プレート(スラブ)からの水
鹿塩温泉の塩水も、スラブからの熱水だった
海洋プレートの変質(含水)玄武岩が水を運ぶ
鹿塩温泉の特徴・・・地殻を数10万年?かけて上昇
失われた炭酸ガス
日本一濃いリチウム
小渋温泉は氷河期の天水?
大鹿村では1日2000 kgの塩が湧き出している
まとめと課題

お問い合わせ

大鹿村中央構造線博物館
TEL 0265-39-2205
お問い合わせフォームはこちら
出版物の購入ご希望の方は、お名前住所電話番号をお知らせください。
振込用紙を同封して冊子をお送りいたします。